aaa


1978年 湯浅年子68歳の頃
aaa

再渡仏後先生は1967年と1977年の2回、日本を訪問しました。日仏両国の文化に大変造詣が深く、両国の文化交流に大きな貢献をなさいました。初めての帰国を期に文芸活動を再開、フランス発のエッセイ「パリ随想」の作家としても当時大変多くのファンを集めました。